活動日誌

校庭で映画を見よう!簀子地区「おそとでシネマ」

2019.08.01

中央区簀子(すのこ)地区で実施されている「おそとでシネマ」をご紹介します。

まずは背景からご紹介すると、現在、簀子地区内には小学校はなく、

2014年から舞鶴小学校(大名・簀子・舞鶴)に統合されています。

そのため簀子小学校はすでに廃校にはなっていますが、

再開発がなされるまで地域の取り組みに関しては、校舎・校庭の跡地を活用することができます。

また住民は、20〜40代の人口比率が高く、なおかつ女性が多いという特徴があります。

そのため、自治活動に対しても、若い世代にもっと参加してもらいたいという思いがありました。

 

こうした背景の中で、自治連合会の広報部と、

同地区内の住宅会社「新日本ホームズ株式会社」とで企画・実施されたのが、この「おそとでシネマ」です。

 

どんなイベントかと言うと、その名の通り、校庭で映画を上映し、みんなで見よう!というものです。

1回目は2017年に実施され、1年空いたものの、好評の声を受けて、2回目が2019年7月に開催されました。

主催は簀子自治連合会ですが、会場設営や上映機材の貸与は同じく新日本ホームズ株式会社さんに協力いただきました。

2回目から新たに、会場で美味しいコーヒーも楽しめるようになりました。

こちらは同地区にお店を構えるSHIROUZU COFFEEさん、TWEENER COFFEEさんにもご協力をいただいています。

 

さらに特徴的なポイントは、上映に向けて、上記メンバーと有志の住民で

「SUNOKO Style 実行委員会」という組織を立ち上げ、運営されていたことです。

今後、この実行委員会では、簀子を盛り上げるために、その他の取り組みも実施していくかもしれないそう。

住民だけでなく、事業者も一緒に町を活気づけていく、素敵な関係ができていました。

 

ちなみに、上映当日(7/27)は、478名の住民の参加がありました。

夏に合う映画で、親子で楽しめる内容がいいということで、上映作品は「キャスパー」。

 

参加いただいた皆さんからも、ぜひ来年またやってほしいという声が上がっていたようです。