活動日誌

共創キャンプをオンラインで開催しました!

2021.04.07

半袖の人を見かけるような日も出てまいりました。皆様いかがお過ごしですか。

 

2月と3月、全3回に渡り「共創キャンプ —地域にモテたい企業のための実践的な企画とつながりが生まれる3日間— 」がオンラインで開催されました。

 

キャンプにご参加くださったのは、既に地域で講座などを開催されている企業様やこれから具体的にご活動されたい事業者様など合計7社の皆様です。

 

第1回目は、自己紹介に始まり、国や社会、地域の実情を知るオリエンテーションとレクチャーを行い、「地域にモテる」ことは具体的にどういうことなのか、今なぜ共創なのかなど、約2時間半に渡って行いました。

 

第2回目は、参加者皆様が事前に作成してくださったワークシートの発表。実際に地域の声をお聞きしている共創プロジェクトメンバーが意見やアドバイスし、より具体的に企画のブラッシュアップです。どのような方々にお繋ぎできそうかについてもお話しました。

 

そして最終日は、ゲストに高取公民館館長の萩尾憲子さんと津屋崎ブランチの山口覚さんをお迎えし「事業企画の見本市」と題して皆様の企画発表会を行いました。

 

企画発表後、オンラインで見学をしてくださった皆様との意見交換の時間では、「企画のような場と機会がもっと増えてほしい」、「オンラインやリモートでも開催してほしい」、「買物に困っている方が多い地域に行ってほしい」、「行政など複数の機関と課題を共有して活動してほしい」、「もっとお話を聞きたい」、「公民館で企画の講座をしてほしい」と言った現場で抱えておいでのご苦労や強く希望される声が聞かれました。

 

共創キャンプで生まれたご縁は、早速動き始めています。また皆様のご活動について、お伝えしてまいります!